1065/1/2

本研修旅行は「催行決定」しております。

<企画提携>

画像の説明

Smart Phone対応(スマートフォンでもご覧いただけます。)

高速回線推奨/SmartPhone対応/Responsive Web Design
 

 
画像の説明

医療と高齢者ケアの最先端をいく

米国ノースカロライナ州ダーラム市は、隣接するローリー市、チャペルヒル市と併せて広域都市圏を形成しており、高度な研究機関や先進企業が集まりリサーチ・トライアングルとして全米に名を馳せています。また、デューク大学やノースカロライナ大学など医療系に強い大学が多く、医療が発達しているとともに、気候が温暖であるため、老後に住みたい街として全米ナンバー1になったこともあるほど注目を浴びる地域でもあります。
 この旅行ではグループホーム、ナーシングホーム、アシステッドリビング、デイサービスなどさまざまな高齢者向け施設で各種療法を含めたアクティビティの実際の様子を学ぶ他、障がい児施設やチルドレン・ミュージアムの見学、アクティビティに役立つ玩具や道具の買い物など、夢の企画となっております。みなさま方のふるってのご参加をお待ちしております。


NCCAP(アクティビティ専門職全米会議)

 

画像の説明
NCCAPホームページ
アクティビティ専門職資格認定協議会

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。

会場地図

画像の説明
 

画像の説明

吉本洋さんが実践報告を発表!
4日目には米国アクティビティ専門職資格認定協議会の年に一度の全米会議に参加。今回は30周年記念大会でもあります。
会議では「文化交流」をテーマにトークセッションが行われることになっており、日本からはアクティビティディレクターであり、おもちゃインストラクターでもある吉本洋さん(老人総合福祉施設グリーンヒルみふね 施設長)の実践報告が決定しました。
施設長でありながら、幼老統合ケアとネイチャーゲームを中心にさまざまなアクティビティ・ケアを行う吉本さんのご発表にも注目です。

 
アメリカでアクティビティ・コンサルタントの資格を取得し、14年間にわたりアメリカの高齢者施設でアクティビティ専門職としてご活躍された柏木美和子先生に視察と会議をご一緒いただけることになっております。

 高齢者アクティビティー開発センターより、磯忍が同行いたします。

画像の説明


視察先一例

重症障がい児施設

シーモニアシニアセンター/CCRC

各種療法などの実践見学

  • 音楽療法
  • アート療法
  • レクレーション療法

大学連携型リタイヤメント・コミュニティー(CCRC)

CCRC は、高齢者の健康状態、年齢に応じその都度適切なサービス・ケアを受けることが出来る高齢者住宅施設であり、健康な間は、各種アクティビティ等を通じた活発で自立した生活を送ることが出来る一方、いざ体に不自由が生じた場合にも、それに応じた医療ケアを受けることが出来るワンストップ型の施設である。日本では、高齢者住宅に対して、どちらかと言えば、まだ介護中心のネガティブな印象を持つ人も多いと思われるので、その意味では、こうした施設で、米国の高齢者が活発な生活を送っている姿は興味深い。
大学近接型CCRC は、高齢者世代のニーズが単なる健康維持にとどまらず、自己啓発等による知的水準の高い生活へシフトしていくとするならば、今後CCRCのなかでも、この様な形態が増えていくものと予想される。

NC州TEACCH自閉症プログラム(The Forest at Duke)

TEACCHとは、「米ノースカロライナ州で実施されている、自閉症等コミュニケーションに障害のある子供達やその家族への包括的対策プログラム」の名称です。自閉症児・者が施設で生活するのではなく、それぞれの地域社会のなかで自立した生活を営むことができるようにし、不適切行動に焦点をあてるというより、適切な技能を発達させることを強調している。自閉症の人自身の適応力を高めると同時に自閉症の人にとって理解しやすい環境を構造化するという2つの方向からのアプローチの相互性を重視している。TEACCHプログラム の「7つの原則」を学ぶ。

視察先は一例です。参加者の構成や先方の都合により変わることもあります。

 

フライト

デルタ航空

米国まで片道「10時間(帰路は向かい風の関係で12時間)。すべての国際線長距離路線において、アイマスクや耳栓を含むスリープキットをご用意しています。ピーナッツやビスコフクッキーをスターバックス・コーヒーなどお好きなお飲み物と一緒にお楽しみください。

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。 
 

宿泊ホテル

ローリー・ダーラム(空港至近)

Sleep Inn Raleigh Durham Airport

 →ホームページはコチラ

 このホテルは「Moter Hotel(モーテル)スタイル」になります。スーツケース運搬(ポーターサービス)はございません。朝食は「パン+コーヒー」の簡単なものとなりますので、周辺のスーパーなどで果物や野菜を購入して各自で健康管理に留意下さい。



画像の説明
Sleep Inn Raleigh Durham Airport

 

旅行募集要項

日程2016年6月6日(月)~6月11日(土)6日間
旅費ツインルーム360,000円一人参加は大歓迎。
弊社にて男女別2人1部屋で部屋割りを行います。
他の方と寝起きを共にすることで違った視点の意見など様々な発見があるかもしれません。
シングルルーム396,800円4泊すべて一人部屋になります。
国内線割引運賃国内線割引設定がございます。弊社までお問合せ下さい。
ビジネスクラス弊社までお問合せ下さい。
最小催行人員12名様(最大20名様)※確保部屋数のみの募集ですのでお早目に申込下さい。
添乗員弊社よりベテラン添乗員が同行いたします。
旅費に含まれるもの航空運賃(デルタ航空エコノミークラスご利用)
宿泊代金(2人1部屋基準)
食事代金(朝4回・昼0回・夕0回)
移動費用(バス料金)
その他(団体行動中のチップ)
現地ガイド料金及び、経費
添乗員諸経費
コーディネート及び、視察経費
旅行業法に定める団体保険
旅費に含まれないもの旅券(パスポート)取得費用
 ※→旅券取得方法はコチラ
個人的性質の出費(酒、タバコ、通信費用等)
超過手荷物料金(お一人様23kg×2個まで無料)
 ※→受託手荷物についてはコチラ
海外旅行傷害保険(任意加入)
旅行取扱手数料(8,640円)
日本の空港税(成田:2,610円)
海外の空港税(7,480円)※為替レートにより増減します。
航空券・燃油サーチャージ(8,500円×2)※航空会社の発表により変わります。
米国ESTA申請手続き(2年間有効)
 ・実費(USD14/約1,800円)
 ・弊社で代行取得する場合の手数料(3,240円)
NCCAP大会参加費($85/約10,500円)
旅券の残存有効期間帰国時まで有効な旅券

 

お申込みについて

申込締切日 2016年4月20日(水) 
申込金50,000円
申込方法①
インターネット
①旅券をスキャニングして「.PDF」「.JPEG」等にして保存して下さい。
 ※お申込時点で旅券をお持ちで無い方は後日弊社までお送り下さい。
②下記ボタンよりお申込み下さい。

お申込みはコチラから

③確認メールが届きましたら、記載されております弊社指定銀行に「申込金」をお振込ください。
申込方法②
FAX
①旅券をコピーして下さい。
 ※お申込時点で旅券をお持ちで無い方は後日弊社までお送り下さい。
②下記の旅行パンフレットより「第2ページを印刷」して、弊社までFAXにてお送り下さい。
 (FAX:03-3545-4614 24時間稼働)
③弊社指定銀行に「申込金」をお振込ください。

 

取り消し料

取消日取消料
旅行開始日がピーク時の旅行である場合であって、旅行開始日の前日から40日目に当たる日以降に解除する場合
※「ピーク時」とは、12月20日~1月7日、4月27日~5月6日、7月20日8月31までをいいます。
旅行代金の10%
旅行開始日の前日からさかのぼって30日目に当たる日以降に解除する場合旅行代金の20%
旅行開始日の前々日以降に解除する場合旅行料金の50%
旅行開始後の解除又は無連絡不参加旅行代金の100%


ツアー日程

日 付場  所時  間日  程食事
○国内線割引設定ございます。
2016年
6月6日
月曜日
成 田
デトロイト

R・ダーラム
発15:30
着14:00

発17:35
着19:18
■成田空港集合出発3時間前集合。
空路、デルタ航空でデトロイトへ向かいます。
■米国入国手続き。
■空路、国内線でローリーダーラムへ向かいます。
■貸切バスでホテルへ移動します。


機内

自由
【ローリー・ダーラム泊】
6月7日
火曜日
R・ダーラム周辺貸切バス■重症障がい施設
(米国屈指の最先端医療大学「デューク大学」の指導下で行われる小児障がい者ホームの研修
■リハビリテーションセンター
・Capital Nursing & REhabilitation Center
・Kindred Transitional Care and Rehabilitation
■シーモニアセンター(CCRC)
(低所得者用高齢者住宅・グループホーム・ナーシングホーム・アシステッドリビング・デイサービス・高齢者向けに設計された個人住宅など)
朝食

自由

自由
【ローリー・ダーラム泊】
6月8日
水曜日
R・ダーラム周辺貸切バス■各種療法などの実践見学
・音楽療法
・アート療法
・レクレーション療法など
■ノースカロライナTEACH自閉症プログラム
・大学連携型リタイヤメント・コミュニティー
■LEGOショップ
■チルドレンミュージアム
朝食

自由

自由
【ローリー・ダーラム泊】
6月9日
木曜日
R・ダーラム周辺公共機関<米国アクティビティ専門職資格認定協議会>
世界のアクティビティ専門職による実践例など様々な好例や最新情報を研修します。
<プログラム>
11:00~12:30 文化交流をテーマにしたトークセッション
13:00~17:00 認知症ケアの向上を目的とした「バーチャルバリテーションビジョン」を学びます。
19:30~20:30 交流会(アクティビティ・グッズの販売ブースも設置されます。)
※テーブル席には「日本語通訳」が同席し、内容の要点とポイントをイヤホンシステムで聞きもらしが無いようお伝えします。
朝食

自由

自由
【ローリー・ダーラム泊】
6月10日
金曜日
R・ダーラム
ロサンゼルス
発07:00
着09:20
発10:45
■ホテル所有のバスで空港へ移動します。
■空路、ロサンゼルス経由で成田へ向かいます。
朝食

機内

機内
【機内泊】
6月11日
土曜日

成 田

着14:10
-成田空港到着午後2時10分。
-お疲れ様でした!
機内
○国内線割引設定ございます。

※この日程は訪問先の都合により視察見学先が変わる場合もございます。


旅行パンフレット


P1

画像の説明

P2

画像の説明

P3

画像の説明

P4

画像の説明


参考サイト


 

旅券パスポート申請

 
旅券(パスポート)作成には7日~10日間かかり、旅行シーズン前になると大変混み合いますので、十分にゆとりを持って申請を行ってください。
また、必要書類が足りないと折角の時間が無駄になりますので、再確認を行ってくださいますようお願いします。


米国入国に必要な申請


米国への渡航は「電子認証(入国許可申請)」を行う必要があります。お手元に旅券を準備し、下記のサイトから申請をお願いします。※デスクトップ又はノートパソコンから申請を行うことをお勧めします。※料金は14ドルかかります。(クレジットカード VISA,MASTER要)

画像の説明
→米国esta申請はコチラ

YouTube動画 上記ボタンを押して下さい。音が出ますのでご注意ください。



代行申請 弊社への代行申請を依頼されるお客様は以下の用紙をダウンロードし、旅券コピーと一緒にお送りください。
    画像の説明 ESTA代行申請依頼書

気温について


画像の説明
Raleighの気候区分は暖温帯です。 Raleighは年間雨量が多い地域です。乾燥した時期でも雨が時折降ります。 ケッペンの気候区分ではCfaです。 Raleighでは、年間平均気温が15.3 °Cです。 平均年間降水量は1147 mmです。 。


持ち物について


お金「米ドル」 

 本日の空港両替レートはコチラ

 郵便局でも両替出来ます。→コチラ

※準備金は人によって異なりますが、飲み物代やお土産代が必要と思われます。
※小額紙幣(5、10、20)でお持ちいただくと大変便利です。
※クレジットカードは非常に便利ですので持参下さい。(VISA, MASTER)
旅券(パスポート)帰国時まで有効な旅券(パスポート)が必要です。
衣類重ね着を基本として「合物の服装」をご持参ください。
雨天時等に気温が急激に下がることがありますので、セーター等を念の為にご準備下さい。
夕食時にドレスアップを強く要求されるレストランでの食事は予定しておりませんが
場所により襟付きシャツ、ワンピース等の服装が適切となる場合もございます。(短パン・サンダル不可)
寝巻・パジャマ宿泊施設には備え付けてありませんのでご持参ください。
替えズボン思わぬアクシデントの為にも是非1本お持ちください。
限られた時間内で同じサイズを探すのは難しいものです。
小銭入れあれば便利と思われます。
ウインドブレーカー風が強い日と朝晩の防寒等に重宝する場合がございます。
目覚まし時計宿泊施設には備え付けてありませんのでご持参ください。
洗面用具一式最近のホテルは、環境対策と称してバスタオル・タオル以外の備品を置いていない
場合があります。
石鹸・シャンプー・歯ブラシ・歯磨き粉・(ヒゲ剃り)・(つめ切り)等をご持参下さい。
他、洗濯物や濡れたものを入れるビニール袋、洗濯干ひも等。
電源画像の説明 110-120V・60Hz。

※電気製品は海外用製品(製品の裏面に100V~240Vと記載のもの)をご持参ください。
雨具傘を必ずご持参ください。
スリッパ宿泊施設には備え付けてありませんのでご持参ください。
個人的嗜好品お茶・インスタント味噌汁・梅干・せんべい等。
特殊電池・充電器等ビデオカメラ・デジタルカメラ・髭剃り用などの特殊電池や充電器を必ず持参下さい。
充電は時間が大幅にかかることもありますので予備を必ずお持ちください。

画像の説明 部屋のコンセント数が少ないので『タップ』を持参されますと便利です。

■“名ふだ”は、スーツケースと手荷物用として「お人様2枚づつ」お渡しいたします。

■靴は厚底で歩きやすい靴が便利です。

■スーツケース
 〇軽量で中~大型サイズ、下部にローラーが付いている製品ですと便利です。
 ○購入編

  画像の説明  今日の激安チラシを検索! 

 ○スーツケースは、お一人様あたり23kg以下の荷物を2個まで無料で預け入れできます。
  また、それ以上の重さになった場合でも35kgまでは追加料金をお支払されることにより預け入れることができます。
 ○チェックイン時に施錠して預け入れすることはオススメ致しません。
 ○荷物が同じ航空機で到着しない・積み残し等が起きることがあります。
  そのため、「スーツケースに現金・貴重品は絶対に入れない」「往路1~2泊分の生活最低必需品は必ず手荷物に入れる」等
  の対策をお願いいたします。

■空港保安検査では、テロ対策の厳重な検査が行われています。
 特に、液体爆弾等に代わる品物はすべて没収される可能性があります。

参考例

 水溶性液体・飲料(水)・酒類・日焼け止め・日焼け用ローション・歯磨き粉・マスカラ・香水・リップグロス等・
 ジェル状液体・シャンプー・クリーム類・整髪用ジェル・エアゾール。
 但し、液体・ジェル・スプレー等などで個々の容量が100ml以下の品は、
 容量1リットル以下のファスナー付きで透明ビニールバッグ内に入れることにより例外的取扱となります。
 又、医薬品・離乳食・乳幼児用ミルク・幼児用ジュースは機内持ち込みが可能ですが、100ml以下となります。
 (出国後の)免税品店での飲料水・ワイン購入等もすべて不可能です。

 画像の説明




飛行機の搭乗手続き(チェックイン)



航空会社のチェックインは無人化され、銀行のATM機のような機械を相手に各自でチェックイン(搭乗手続き)を行います。

空港での英会話



米国に到着し、入国審査場に向かい、「Visitor」の列に並びます。

前で審査している人をよく見てイメージを掴みましょう。

Next!
次の方!

前の人の審査が終わり、この言葉を言われたらあなたが入国審査を受ける番です。

画像の説明
入国は2つの検査が行われます。

  • 書類の検査
  • 指紋&顔写真

YouTube動画 上記ボタンを押して下さい。音が出ますのでご注意ください。


パスポートを見せる

始めは「パスポートを見せて下さい」と言われます。
入国審査官は、丁寧に話す人もいればぶっきらぼうな言い方をする人もいます。

May I see your passport? 
パスポートを見せて下さい。

Passport please.
パスポート見せて。

Passport!
パスポート!

Here you are.
どうぞ。

訪れた目的を聞かれます。

Are you here for business or pleasure?
仕事で来ましたか?それとも遊びで来ましたか?

Business or pleasure?
仕事?それとも遊び?

What’s the purpose of your visit?
何の目的で来ましたか?

Pleasure.
遊びに来ました。

Sightseeing.
観光です。

滞在期間

次は滞在期間を聞かれる場合が多いでしょう。

How long will you stay in this country?
どのくらいこの国にいますか?

How long are you planning to stay?
いつまで滞在する予定ですか?

How many days will your stay be?
何日間滞在しますか?

When will you return to your country?
いつ自分の国に帰りますか?

5 days.
5間日です。

I will return home on the 10th of June.
6月10日に帰ります。

滞在先

滞在期間に合わせ、滞在先を聞かれる場合もあります。

Where are you going to stay?
どこに滞在しますか?

Sleep Inn Raleigh Hotel is.
「スリープ・イン(ノースカロライナ)」です。

What address will you be staying at?
滞在先の住所は?

Raleigh,NC is.
ノースカロライナ州のローリーです。

以上が入国審査でよくされる質問と回答例です。しかし、入国審査官が必ずしも分かりやすい英語で決まった文章を言うとは限りません。そんな時は、各質問によって重要な単語があるので、それを聞き取れば何の質問かが分かるでしょう。

目的

  • why なぜ
  • what 何
  • purpose 目的
  • business 仕事
  • pleasure 遊び
  • visit 訪問

滞在期間

  • how long どれくらい
  • when いつ
  • how many days 何日
  • until when いつまで

滞在先

  • where どこ
  • address 住所
  • hotel ホテル
  • house 家

そして、たまにですが入国審査官によっては基本的な質問に加え、別の質問をしてくる場合もあるので、以下に質問と回答例をリストアップします。

Do you have a return ticket?
帰りのチケットはお持ちですか?

Yes, here you are.
はい、これです。

Have you ever been to America?
Is this your first time coming to America?
アメリカに来るのは初めてですか?

This is my first time.
初めてです。

This is my second time.
2回目です。

What is your occupation?
職業はなんですか?

I’m an office worker.
会社員です。

Do you have anything to declare?
何か申告するものはありますか?

No.
ありません。

そして、もし英語が聞き取れなかった場合は、入国審査官に伝えると良いでしょう。

I’m sorry. Could you say that again?
すみませんが、もう一度言ってもらえますか?

Could you speak more slowly please?
もう少しゆっくりお話いただけませんか?